Positive-Action 4th

dorukomaru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 23日

髪切ったぐらいで状況変わるかよww

現実は厳しいねorz

会社の人間のミスかダンボールメーカーのミスだか判らんけど、
明日から生産が始まる某鶏肉ファーストフードのデザートに使う、
ダンボールの印刷されている内容が間違っていた様で。
明日の生産は続行なんだけど、表示義務違反になるのであとでコッソリ詰め替えします。
そしてメーカーのミスなら損害賠償するとの事で。
また胃が痛くなりそうだ('A`)


-内容-
1.印刷内容は会社のAが窓口となりメーカーと打ち合わせを重ねていた。
2.最終の事前会議で内容が決定される、会社のBが会議に出席していた。
3.AとBが内輪での最終確認。
4.Bがメーカー担当からOKかどうか確認の連絡を受ける→OKを出す。
※AとBは同じ部署

さてさて、どこに問題があったのでしょうか?



実はメーカー担当がBに対し、最終の印刷内容をメールで見本を送っていて、
会議に出席していたBはメールが来ていた事を知らなかった。
ちなみに窓口であるAにはメールが来ていなかった。
窓口だったAから貰った物見本が最終だと思い、内輪で確認をしたのでOKを出した。
そしてメールで来ていた見本が間違っていた、と言う事で。

・・・メーカーが悪いよなぁ・・・ただの連絡ミスなんだろうけどさ。
まぁ、OKを出た物を作ったメーカーが悪いのか?と言われると、
100%メーカーに責任があるわけじゃないし、OK出したのはウチのBなわけで。
うん、メーカーがBとの連絡でB宛てにメールで送った物で大丈夫ですか?
って聞かなかったのが悪い、なんか言った言ってないの世界になりそうだけど('A`)
[PR]

by dolphin-dance-skg | 2007-03-23 00:07 | 雑記 | Comments(3)
Commented by ぁゅ at 2007-03-23 02:37 x
ウワァー
人の記憶は曖昧ですからねー…
アホの私には答えが見えません(;ω;)
でも!これだけは言えます!!
パパちゅきー(´ε`*)←なんか私イタイ仔
Commented by 某 子 at 2007-03-23 17:16 x
最終的に無罪になるのは、仕事を発注した方です。
受注側は、間違ったモノ作りましたごめんなさい、としか言いようがありません。
Commented by どるこ at 2007-03-23 19:29 x
あゆみ様
答えが見えないのはきっと説明がヘタだから(あ
でもたしかに人間の記憶なんて曖昧で、
その時の感情とか入っちゃったりすると、
捻じ曲がった記憶になることもしばしば。
ただ物忘れの激しい私はサッパリ忘れてしまいますg
チュッチュッ(゚ε゚*)←とても可愛く見えるのは気のせいだろうか

某Y子様
メーカーはお客に対して強く言えない、という現実があるしね。
結局メーカーが費用負担する事になりますた。


<< 娘の限界      髪の毛切ったった >>